アサヒ技研 [HRC 70] 硬さ基準片 φ65x15 SK2 JIS準拠 HRC70

アサヒ技研 [HRC 70] 硬さ基準片 φ65x15 SK2 JIS準拠 HRC70

¥9,796税込  ¥8,327税込

商品説明

  アサヒ技研   0791-21-1213




【商品説明】

【商品仕様】
寸法:φ65x15
材質:SK2
試験条件:JIS準拠
サイズの違いにご注意ください。必ずサイズを確認の上お買い求め下さい。

硬さ試験は、材料の引張り強さの代用特性を求めるために、工業的に考えられた試験方法であり、機械部品の強度や熱処理などの品質評価等に広く行われています。しかし、硬さ試験機は試験機によって色々な硬さ値を指示することが多いので、製品の品質の信頼性を確保するためには、標準を用いて試験機を校正することが極めて重要であります。
ところが、硬さは工業的な約束によって成立する工業量であるので、硬さ値については古くから色々な考えかたがあって、国際的にも国内的にもいくつもの基準が存在する状態が長い間続きました。
計量研究所は、硬さ試験方法に表現された約束事をできるだけ忠実に実現しようという考え方で硬さ標準の研究を行い、1960~1965年の間に各種硬さの標準値を設定しました。
硬さ標準片は、写真に示されるように硬さ標準値を表示してある標準物質の1つとして、硬さ試験機の校正や管理に使用されるものであります。JIS規格では硬さ基準片と呼んでいますが、従来から慣用的に用いられた硬さ基準と区別する意味で、計量研究所が設定した国の硬さ標準値が値付けられているものを特に計量研究所では硬さ標準片と呼んでいます。